FC2ブログ

夏ならではの弊害

木のあかり
07 /14 2017

連日の猛暑でHPダダ下がりなおじさんですが、今日は夏ならではの困った現象を紹介したいと思います。
それは製作過程でよくやっていることのひとつなのですが、パーツ同士をボンドで接着する時に、接着個所をセロテープで固定する作業に関することです。テープを貼ること自体は問題ないのですが、厄介なのはそのテープを剥がすときなのです。

というのは、この暑さでテープの糊が溶け出してべたべたになってしまうのです。その結果必要以上に粘着力が上がってしまい、テープを剥がすのが大変になるのです。

こんな風に木の表面がテープと一緒に剥がれてしまいキズになってしまうのです。こうならないようにゆっくり慎重に剥がさなければならないのですが、これに相当時間が掛かってしまいホント大変な思いをすることになります。
冷房でもあればこんな思いをすることもないのですが、、、、いや扇風機で十分十分(;´Д`A ```

コメント

非公開コメント