FC2ブログ

ビットフェローズ キーボード BFKB113PBK レビュー


導入から1か月以上が経過したので使用感などをレビューしたいと思います。
まずはスペックから
ビットフェローズ 複数同時押し対応パンタグラフタイプゲーミングキーボード BFKB113PBK
インターフェース :USB1.1(タイプAコネクタ) USBフルスピードモード
キースイッチ方式:メンブレン パンタグラフ方式 キーストローク:2.5mm
押下特性:60g±20g
キーピッチ:19mm
インターロック:Nキーロールオーバー
キー耐久性能:約2000万回*スイッチ単体での性能です
キー数:113 日本語 かな表記なし
ケーブル長 約1.8m
本体寸法 W447×D141×H24mm
重量 約830g

Logicool K800の左〈shift〉が反応しなくなったため新調しました。レビューはK800との比較になります。
デザインはお世辞にもいいとはいえませんがチープというほどではありません。キーの下が赤いところも中学生が好みそうでいかにもゲーミングといった感じです。もっとも最近のゲーミングキーボードはLEDで派手に光るものがあるので、それに比べたらかなりおとなしいほうです。
キー配列やピッチは一般的なキーボードと同じで違和感はありませんが、キートップの刻印は厚みのあるシールを貼ったような感じで、K800の自発光式に比べると視認性は劣ります。
打鍵感を求めるならメカニカル式なのでしょうが、おじさんの場合メカニカルのよな厚みのあるキーボードだと手首が疲れてしまうので、購入にあたっては本体の薄さを一番に重視しパンタグラフ式にしました。

無線式のLogicool K800も同じパンタグラフ式ですが両者の間には明確な違いがあります。キーピッチ:19mm キーストローク 3.2mm 押下圧60gとストローク以外ではスペックの違いはありませんが、キーを押したときの感触は全く違います。
K800はストロークが0.7ミリ深いということもあるのですが、キーボード自体の剛性が低いために押したときにたわみが出てしまいます。そのためストロークの数値以上にキーを押し込んでいる感じがするのです。それしか使ったことがなければこんなもんだと思って気にならない(おじさんがそうでした)のですが、ひとたび剛性の高いキーボードを使うとその違いにびっくりします。
BFKB113PBKは中に鉄板が入っているらしく剛性はしっかりしています。サイズではK800より小さいのに重量では160gも重いのはそのためです。そしてその鉄板の効果は絶大で、たわみのない打鍵感がこれほど気持ちいいものだとは思いもしませんでした。指の動きをしっかりと受け止めてくれ、押し切った感触が伝わってくるのは実に気持ちのいいものです。一度これを使うともうK800には戻れません。それだけ気持ちのいいk-ボードです。

いまどき有線キーボードなんてと思うかもしれませんが、マウスと違って動かすわけでもないしバッテリー切れの心配もありません。いまなら4千円ちょっとと大分安くなっているので、これからキーボードを買おうと考えている人は一考の価値があると思います。
エフ
Posted byエフ