fc2ブログ

70mmマクロと50mm+クローズアップレンズNO.5比較


昨日到着したSIGMA 70mm F2.8 EX DG MACROと、今までマクロ代わりに使っていたCanon EF50 F1.8Ⅱの写りがどれだけ違うか試し撮りをしてみました。
まずカメラに詳しくない人のためにマクロレンズの説明を簡単にしておきますと、花や虫などの小さなものを撮影するためのレンズをマクロレンズといい、コンデジの場合だとマクロモードというのがこれと同じことになります。肉眼では見ることの難しいミクロの世界を覗けるのがこのレンズの魅力です。
マクロと名前が付いているのでそれだけにしか使えないかというとさにあらず、普通の短焦点レンズとしてもちゃんと使うことができます。もっとも70mmということもあって風景には向かず、主にポートレートでの使用になるでしょう。
一般的にマクロレンズの特徴として、切れのあるシャープな画が撮れるといことが挙げられます。その中でもこのSIGMA 70mmMACROは切れの鋭さでは定評のあるレンズです。ただしその鋭い切れの代償として、被写界深度が紙のように薄いという問題があります。被写界深度というのはピントの合う範囲のことで、手前から奥までの間でどれくらいの範囲(前後の距離)でピントが合うかというものです。この範囲が広ければ多少ピントがずれていてもカバーできるのですが、逆に狭いとカメラぶれなどでずれたりして狙った所にピントが合い難いということになります。さらに詳しく言えば絞値の話になってしまうのですが今回は省略しときます。
さて、カミソリマクロの異名を持つこのレンズ、いったいどんな画を写しだすのか・・・o(^o^)o ワクワク

今回は室内での撮影ということで腕時計を被写体に選んでみました。
まずはこれまで常用してきたCanon EF50 F1.8ⅡにクローズアップレンズNO.5を装着しての撮影です。細かいデータは省略しますがこの状態で目一杯近ずいたところです。
絞は両レンズともF8で撮影してます。このくらい絞るとピントの合う範囲が広く切れも上々です。

こちらはSIGMAです。マクロレンズだとここまで寄れます。Canonnとは比較にならないほど大きく写すことができます。しかし同じF8の絞りでもこちらの被写界深度はかなり狭くなっています。Canonでは読めたBurberrysの文字がこちらでは判読ができません。さらにいうなら曜日の所でSUNの文字がCanonに比べてかなりボケています。

Canonの当倍切り出しの画像です。

SIGMAの当倍切り出しです。
どちらもシャープですが、SIGMAは曜日が印刷されている盤面に刻まれた同心円状の溝が、等倍でここまでシャープなのには驚きです。また、文字から上がピントが合っていません。ホンとに被写界深度が紙のように薄いのがよくわかります。今回は三脚を使って撮影しましたが、この様子ではとても手持ち撮影など無理のようです(T△T)

ということでカミソリマクロの一端を垣間見たわけですが、真の実力を試す日が早く来ないかと今から待ち遠しいです。

ちなみにこのレンズには収納ケースとレンズフードが付属してます。
エフ
Posted byエフ

Comments 0

There are no comments yet.