FC2ブログ

木のあかり講座 スター編(3)


上半分の枠を付け終わったら今度は下半分の枠付けです。
まずは余分な箇所をカットします。そしてこの後からが重要な工程になってきます。この作業の精度が最終的な製品の良否に関わってくるので一番神経を使う作業なのです。
たかが枠付けに何故そんなに気を使うのか?
それをこれから詳しく説明していきましょう。


枠を付ける所をベルトサンダーで平らに均した状態です。他の製品ならこのまま枠を貼り付けるところですがスターではそうは行きません。

1台分の組子を重ねてみます。

基準となる上部先端を揃えます。

中間部です。枠の端が揃っていないのが分かるかと思います。鉛筆で引いた線は一番短い枠の端に合わせて引いたもので、それぞれの長さの違いが良く分かります。

そしてこれが下部先端です。ここでも長さが違っています。
さてこれはどいうことでしょう。
同じ材料を使って同じ様に組んでいる組子なら、同じ大きさになって当然なのでは?
もちろん理屈ではそうなるのですが、そうならないのがこの組子なのです。通常の直角に組む組子ならば問題は無いのですが、このスターのようにバイアスの掛かった組子の場合、横に広がろうとする力が働きます。当然横が広がれば縦が縮むことになります。もちろん均一にしようとはしているのですが、完全に揃えるのは不可能と言わざるを得ません。そのためこの広がり具合で縦の長さにばらつきが出てしまうのです。
しかしこのままでは非常に具合が悪いので、これを是正しなくてはいけません。方法はいたって単純、鉛筆で引いたラインに合わせて削ってしまうだけです。

削り終わったものです。この中間部と下部先端との2箇所を同時に合わせなくてはならず、単純な作業ながら中々どうして難しいものがあり、多少誤差はありますがこのくらいで勘弁というところです。
この部分がきちんと揃って無いと貼り合わせの時に支障が出ます。貼り合わせは上部先端が基準になるので、先端から枠端、さらに下部先端までの長さが5枚とも同じでないと見た目も悪く、床に置いた時に平らにならないということになります。もちろん平らになるよう削って調整はしますが、出来るだけ削らないにこしたことはありません。
この工程はとても大事なところなのです。

削った後は枠を付けます。

この時も枠同士の木目が合うよう番号を合わせて付けていきます。

ボンドが乾いたら表面を仕上げます。
この段階で見る組子と枠が隙間無くきれいに付いてるのがわかります。

枠の余分なところをカットしベルトサンダーで均します。

再び重ねてみます。どうでしょう、枠の位置が揃っています。

今回はここまで。
次回へつづく。
エフ
Posted byエフ