FC2ブログ

木のあかり講座 スター編(1)


製品仕様
品名  スター   品番 STA-64  高さ 57cm 幅 27cm 奥行き 26cm 消費電力 40W  価格 89,250円(税込み)

4月も後半になったというのに夕方から雪が降り出しました。いくら雪国米沢といったからってどんだけ雪国なんでしょう。幸い積もる気配は無いようなので明日の朝は大丈夫でしょうが、もし積雪なんてことになってたらえらいことです。車のタイヤ交換しちゃってるんでそれだけは勘弁プリーズ。

ということで「スター」です。上の画像を見てもらえば一目瞭然なように、ひかりが星の形に出ることからその名前が付けられました。その特異な形状は木のあかりのなかでも異彩を放つ逸品となってます。

それでというわけではありませんが、今回の講座はいつもとは少しだけ趣向を変えて解説していきたいと思います。


いきなりで恐縮ですが完成品です。
もちろん「これで終了~」っというわけではありません。(念のため)
始めに完成品を持ってきたのは、これからの講座でポイントとなる部分を予習しておくためです。あらかじめその部分を知っておくことで、これからの解説の内容がより分かりやすくなるのではないかと思いこのようなやりかたにしてみました。

意外かもしれませんがこの「スター」を作るうえで重要になるのが、菱型に組まれた組子の周りを取り囲む枠です。
この画像は一番上の部分で、逆V字型の枠が写ってます。

これは一番下の部分です。枠はV字型です。
resize0858_1.jpg
(クリックで大きな画像)
これは上側の枠と下側の枠が接合してる部分です。分かり難いのでその箇所に矢印を付けてみました。
さて、この3枚の画像を見て、もうお分かりでと思いますが、それぞれ組み合わさってる枠が似かよった素材の木目(木地)で組まれています。

さらにこちらの画像。
組子を貼り合わせた部分の画像ですが、貼り合せた枠の木目が繋がって見えます。偶然?・・・イヤイヤ、ちゃんと計算ずくの仕様です。こうなるように1枚の板から枠材をカットし、組み合わせていったのです。
このように徹底した木目合わせがどのようにされているか、じっくり解説していきたいと思います。

と、今日はここまで。
イヤ、今日は夜からPTA総会があて帰りが遅くなったのでこのへんで勘弁です。
エフ
Posted byエフ