FC2ブログ

新製品の道は険しく


うちのような事業の場合、避けて通れないのが新製品の開発です。
現在、全ての製品を数えれば優に70種(同じ種類のサイズ違いを含めて)を越える数が有ります。それら全てを作り続けるだけでも大変なのですが、物作りを生業としてる者としては現状を維持するだけで満足できるわけも無く、やはり新しい物への挑戦が欠かせません。
しかしこの挑戦、いつも勝利で終わるとは限らずむしろ敗北のほうが多いくらいなのです。自分自身これまでにも、「ひかりの小箱Ⅰ・Ⅱ」・「菱」・「集」・「雅」・「ICHIMATSU」・「憩」・「朧」、等を開発してきましたが、この影には多くの失敗作が存在します。
先日、「雅-丸」の特注品を作っているときに突然閃いて作ってみたのですが、これが見事に敗北に終わってしまいました。普通ならそんなものは闇に葬ってしまうところなんですが、こうやってブログをやってることもあるので、今回は貴重な?失敗作を紹介してみたいと思います。


ハイ、これがその失敗作です。「雅」を作っている時だけあって組子がそのまんまです。
角を大きくカットしたのが特徴で、「これいけるかも!」と作るまでは思ったわけです。しかし実際作ってみると、縦側の角をカットしたのはいいのですが、上蓋と結合する部分の処理が上手くいきませんでした。

上部組子の縁周りの幅が厚く鬱陶しくなってしまったのです。このため全体のバランスとして、頭が重く不安定な造形になってしまいました。
次回作ではこの問題箇所を修正し完成度をアップさせたいと思います。

一応配線はしてみました。

ほらね、上が重い感じでしょ。

でも、方向性はいいと思うんですよ。
エフ
Posted byエフ