FC2ブログ

イタリア直輸入の食材店に行ってきました

今月11日にイタリアの食材を直輸入販売するお店が開店しました。昨日うちの奥さんが職場の同僚からその情報を聞き、行ってみたいと言うので今日早速行ってみました。
その同僚の話によると、自宅の前にプレハブの店舗を構えていて中はかなり狭く、しかも店の場所が中心部から離れた田んぼや畑に囲まれた所だということでしした。何か凄くしょぼい店だったらどうしよう・・・と不安の中行ってみたところ、以外にも(失礼)普通のお店でした。
店舗は小さいながらプレハブというようなしょぼさでも無く普通な店構えです。そして商品の種類は決して多くは無いのですが、厳選した物を置いてあるようで中々興味深い品揃えでした。なによりイタリア人の旦那さんと、店長?の奥さんが感じのいい人だったので好感を持ちました。
で、買ってきた材料で早速スパゲッティーを作ってみました。

まずは今日購入してきた物ですが、左からオリーブオイル、パルミジャーノチーズ、オリーブペースト、パスタの4品目。普段の我が家からするとちょっとお高め?

小ぶりな瓶が高そうなオーラを放っていますが1,080円と普通の値段(奥さん談)らしいです。試食した奥さんの話ではかなり濃厚なオリーブオイルとの事。

いつもは安いクラフトの粉チーズばかりなので、濃厚で旨味たっぷりのこちらを試食した時は感激しました。
うちにはチーズをおろすやつが無いよと言ったら、大根おろしのやつで十分だそうです。

茹で時間11分とかなり太めな麺です。無駄な装飾を省いた簡素な包装にイタリア人の男気を感じます。お値段450円位だったと思います。

こんなもん何に使うの?と奥さんに聞いたところ、パンやクラッカーに付けてちびちび食べるとの事。今回は出番なしでお値段不明。

メニューはシンプルにペペロンチーノで担当は私エフです。何故か結婚以来、麺料理は全て私の担当という強引な奥さんの取り決めによりこうなっています。もっともそれ以外の担当もかなり有って、随分とこっちに比重が偏っていてる気がしてます。
で、初めにお湯を沸かし、唐辛子とにんにくを炒めます。

沸騰したら大めの塩を入れ麺を茹でます。ペペロンチーノは辛くて子供が食べられないので、今回は大人二人分で250グラムを茹でます。

麺はいつものよりかなり太いです。袋にミリでの表記が無いので正確なところは分からないのですが、普段食べている下の1.6ミリと比べるとその太さが分かるかと思います。

普通ペペロンチーノといえば、にんにくと唐辛子とベーコンなんですが、うちの場合はさらに鶏肉が入ります。これが入るとダシが出て美味しいんです。バジルは自家製のやつです。

麺を茹でている間に材料を炒めます。おおよそ火が通ったらにんにくを取り出します。次の日仕事がある時はにんにくを控えめにしとくように! と奥さんからの指示です。

茹で上がった麺をあわせ、塩コショウで味を調え最後にバジルを入れます。

器に盛って出来上がり・・・・・って、麺がうどん並みの太さ!

この後、一緒に買ったパルミジャーノをかけて食べたところ、めちゃくちゃ美味しかったです。濃厚で自己主張の強いチーズと、もっちりとしてコシのある太麺との相性がたまりません。これを食べてしまうと今までのパスタがなんだかしょぼく感じられます。
久しぶりに満足できるスパゲッティーを二人でたっぷり味わえてちょっと贅沢をした日でした。

お店の情報はこちら→Piu buono ピウ ボーノ
エフ
Posted byエフ

Comments 0

There are no comments yet.