FC2ブログ

激安スピーカー ”ベリンガー 1C-BK”


今年の夏にテレビ用のスピーカーを自作したのですが、最近になって高音の僅かな歪みが気になりだし、吸音材を追加するなど手を加えてみたのですが、思うような音にならずどうしたものかと思案していたところ、ちょうどよさげなスピーカーがAmazonブラックフライデーで2割引きの7,200円と安くなっていたので、思わずポッチッてしまいました。
うちの場合壁掛けで使うため幅と奥行きに制限があるうえ、フロントバスレフという条件が選択肢を狭めていたのですが、このベリンガーの1C-BKはその条件にぴったりの製品です。
ネットでの評価は賛否両論で期待は禁物なのですが、駄目だったら将来サラウンド用に回せばいいやとさほど期待しませんでした。が、意外や意外、思ってたより悪くないです。いやそれどころか期待以上かも。

サイズはW15 x D14.2 x H22.5cmと小型のELACのBS72と比べても幅と高さに大きな違いはありません。

特に奥行きが14.2cmと壁掛けには願ってもない寸法です。

作りはオールプラスチックということもあり、まったく高級感はありません。いかにも安物といった感じです。まあ値段があれ何でしょうがないですけど。
それでも壁掛け用の金具が標準で付いているので、至れり尽くせりのコスパ最高のスピーカーです。

何はともあれ早速試聴をと、ポン置きで音だししてみました。ソースはYouTubeの音楽チャンネルとNetflixのドラマ、アンプはTOPPINGのMX-30です。
モニタースピーカーというだけあって下から上までフラットな印象で、癖がなくドラマのセリフなんかは聴き取りやすいです。再生周波数が60Hz~23kHzということもあり、低音はほどほどといったところ。元々サイズからして低音は期待していないので不満はなく、どのみち後日サブウーハーが届くので低音強化は対処済みです。
高音は伸びと抜けがいまいちで女性ボーカルなんかは物足りなさを感じます。全体的に数値ほどのレンジが感じられない印象です。正直これで音楽を聴く気にはなれませんが、一転ドラマや映画では相性はいいようです。とにかく変な癖がないところが好印象で、安心して聴いていられます。

今回はあくまでも箱出しポン置きでの印象なので正確性はあまりないかもしれませんが、テレビ用のスピーカーとしてはかなりコスパがいい商品だと思います。安いサウンドバーを買うくらいならこっちの方が良いような気がします。
今後エージングが進みどう変わっていくか非常に興味深いですし、後日やってくるサブウーハーと組み合わせた時がどうなるか楽しみです。
エフ
Posted byエフ

Comments 0

There are no comments yet.