FC2ブログ

自作LEDデバイス


製品のLED化に向けて検証用に自作のLEDを作ってみました。社長が去年秋葉原で買ってきたやつで、乾電池仕様のおもちゃのようなもです。なお今回はこういったものがうちの製品に導入できるのかを検証するためで、これそのものを製品に組み込むわけではありません。

これが基盤です。サイズ的に製品に組み込むのにちょうどよさげなので、これの完成品があればよかったんですが、残念ながらこのキットしかなかったそうです。

LED本体です。発光色は白です。

抵抗。ちっさ。

半田とこては自前のものをもって来ました。
組み込むとこんな感じになります。LEDは白が6個、赤が1個の7個組みとなります。真ん中の大きなやつが赤のLEDになります。

単三乾電池3本で発光させます。直視するとかなり眩しく目を悪くしそうですが、光が直進性しかないので光軸から少し外れるとそれほどでもないです。白色といってかなり青みが強く、赤が混じってるのはそれを緩和するためでしょうか。

実際に製品に入れてみました。







こんな感じで電球のようには光が広がりません。なので影が出ない上に明るさも足らない状態に、そしてなんといっても青過ぎてあかりとしては向きません。

なおLEDの特性上天井はあかるいです。きもいですけど。

今回はこんな結果になってしまいましたが、電球色のLEDもあるのでそっちだともっと違う印象になると思います。ただ光の直進性が強いので、どうやって広がるようにするかが一番の課題です。
ともあれいずれこういった問題を解決し最終的にはバッテリー式まで行ければ良いんですけどね。
エフ
Posted byエフ

Comments 0

There are no comments yet.