FC2ブログ

voukoderでVEGAS PRO15のレンダリングを高速化

resize000174.jpg

動画編集ソフトVEGAS PROは、高機能なのに価格が安いという点でとても満足度の高いソフトで、今やこれ以外は使う気になれないほど気に入っているソフトです。しかそんな優れたソフトにあって唯一不満なのがレンダリング速度の遅さです。
昨今の動画編集ソフトではGPUによる高速レンダリングが当たり前になっています。勿論今使っているVEGAS PRO 15にもその機能はあるのですが、なぜか全く早くなりません。というかGPUを使うと逆に遅くなるという謎仕様なのです。ネットに散らばる様々な情報によるとGeForce系だと爆速になるとか、Radeon系はVEGAS PRO 16では最適化されて早いだとか不確かな情報はあるのですが、どちらにしてもうちみたいな15以下のバージョンでRadeon使いには効果がないのかもしれません。
しかし、その不満を吹き飛ばしてくれる救世主のようなプラグインソフトを発見しました。それが表題の”voukoder”です。
ちなみにどれくらい早くなるかといえば、先日アップしたばかりの新製品の動画の場合、これまでは19分22秒掛かっていたのが11分9秒と1.74倍もの高速化になりました。導入方法や使い方も簡単なので、レンダリングの遅さにに悩んでいるひとはためしてみてはどうでしょう。勿論その際は自己責任ですが。
voukoderとは何ぞや?
voukoderはGPUの稼働率を爆上げしてくれる無料のプラグインソフトです。VEGAS PRO 15は設定でGPUレンダリングをONにしても、実際のGPUの稼働率は低いままでほとんど役に立ちません。それどころか逆にレンダリング時間が長くなってしまうという、理解しがたい状態になってしまいます。例えるなら普通車が高速道路を時速20キロで走ってるようなものです。しかし、そんなノロノロ走っている車のアクセルを、床が抜けるほど踏み込んでくれるのがvoukoderなのです。

voukoderの導入手順
voukoderは配布先のサイトから入手できます。DLするのは下記画像で赤のラインを引いてある2つのファイルになります。
resize000177.jpg
これでレンダリング設定の項目にvoukoderが追加されます。

検証してみる
では実際に先日YouTubeにアップしたプロジェクトを使って検証してみます。
なお環境は以下の通りです。
OS:Windows10 Home 64bit
MB:ASUS PRIME X470-PRO
CPU:AMD Ryzen 5 2600
RAM:GSK F4-3200C16D-16GSXKB (8GBx4=32GB)
GPU:ASUS STRIX-RX460-O4G-GAMING
SSD1:M.2 SAMSUNG 960EVO 250GB(システム用)
SSD2:SATA PLEXTOR M7V 256GB(編集用)
HDD:WD Blue 6TB SATA3 WD60EZRZ-RT(データ用)

プロジェクト
素材:FHD 30p MP4
出力:FHD 30p MP4 12分48秒

まずは従来のレンダリングでやってみます。
resize000178.jpg
フォーマットはSony AVC/MVC インターネット 1920X1080-30pです。
resize000179.jpg
レンダリング中のCPU とGPU の使用率です。CPU は目いっぱい動いていますがGPU は絶賛さぼり中です。

掛かった時間は19分22秒でした。出力した動画の実時間よりも掛かっていますが、これはタイムラプスのように8倍速で再生している箇所が数か所あり、その処理に時間が掛かっているためです。
でもこれはまだ早い方で、同じMP4出力でもMAGIXだともっと時間が掛かってしまいます。
resize000190.jpg
同じプロジェクトをMAGIXでもやってみます。
resize000191.jpg
MAGIXでもGPUは眠れる獅子状態です。

しかも24分13秒という結果。実時間の2倍という悪夢としか言いようのないタイムです。

さて、いよいよvoukoderの登場です。
resize000181.jpg
先に説明した通り、二つのファイルをインストールするとフォーマットにvoukoderが追加されます。テンプレートは初期の状態ではUse project settiingsのみなので、目的に合わせて自分なりの設定を保存していきます。
設定はテンプレートのカスタマイズを開いて行います。
resize000182.jpg
テンプレートのカスタマイズを開くと左側のウィンドウが開くので、Open Voukoder dialogをクリックして右側の設定ウィンドウを開きます。
resize000183.jpg
Video項目を開いてコーデックを選択します。Radeonなので当然H.264(AMD AMF)を選択。
resize000184.jpg
Optionsで設定を変更しますが、正直よくわかりません。ネットにもこの部分の情報が少なく困ってるところです。手間ですが使って覚えていくしかないようです。でもまあデフォルトでも問題なくレンダリングできるので、とりあえずはそのままでも大丈夫です。
それではレンダリングを開始します。
resize000185.jpg
ご覧のようにGPUが覚醒しております。まさに眠れる獅子が起きた状態です。途中稼働率が落ちてるところがありますが、そこは先にも説明しましたが8倍速再生の箇所です。Voukoderはエフェクト処理には対応してないようで、ここはCPUのみの処理となります。

そして結果はごらんとおり、11分9秒という素晴らしいタイムになりました。設定によってはこれよりもっと早くなることもあり、最短では8分58秒というタイムが出たこともありました。

このようにVoukoderによって爆速になることは間違いない事実です。画質も問題ないレベルですし、何より無料で使えるのですから試す価値は十分にあると思います。
エフ
Posted byエフ

Comments 0

There are no comments yet.