FC2ブログ

生産終了の商品を作るわけ


大中小と並んでいるのは、定番商品のビルディングです。このビルディング、現在生産しているのは高さ別に、30、50、70、90センチという4種類です。そして画像のビルディングは左から、30、40、63センチというサイズのものです。当然40、63は規格外となるのですが、訳あって以前から作っています。表向きには存在しないことになっているのにです。

実はビルディングという商品は、現在の30、50、70、90センチという規格が決まる前は、30、32、38、40、47、63、70、90、97、134センチと9種類ものサイズ違いがあったのです。どういった理由でここまで種類が増えたのかはわかりませんが、どう考えても不自然なサイズになっています。
30と32の違いなんかはいい例で、2センチの違いに何の意味があるのかまったくの謎です。38と40も然り。また、97から134は間が飛びすぎてもう何が何だか・・・・・?
そこである時期、整合性を持たせた方がよいのではと考え今のサイズに変更しました。しかし、変更前に今は生産していない63を契約生産していた会社があり、そこからいまだに注文が入ってくるため作り続けているわけです。40もその存在を知っている会社から注文が来るため、同様に作り続けています。
改定から大分時間が経っているのに、いまだに過去と決別できないのでした。
エフ
Posted byエフ