FC2ブログ

IM-03を安物中華にリケーブルしたら


5年ほど使ってきたオーディオテクニカのイヤホン、ATH-IM03が断線してしまいました。残念な気持ちはあるものの、IM-03はリケーブル対応なので早速交換品を探すことに。しかし、残念なことに純正のケーブルはすでに生産終了しており、Amazonでは売ってませんでした。そこで他メーカーのケーブルをいろいろ探してみたのですが、コネクターのIM規格がマイノリティー過ぎて、対応してる製品は僅かしかありません。しかもその僅かしかない製品も聞いたことのないメーカーの物ばかりでで不安が先立つばかり。それでも交換しないことには音楽を聴くことができないので、比較的良さげかなと思えるケーブルを購入してみました。

これが今回購入した中華ケーブルです。Amazonで1,887円でした。値段からしていかにも怪しいのですが、自爆しても傷は浅いと判断しました。

届いたパッケージは袋にポイ入れと、いかにも中華的クォリティー。でもそこは音質には関係ないので全然気にしない、大事なのは質です。
で、早速 接続して試聴!

ううううう~ん………………ゴミケーブルでした!!!( ̄□||||!!

もう全てがダメ、下から上まで全域でダメ、いいとこなしの文句なしゴミケーブル認定です。
作りの安っぽさはともかくとして、とにかくSNが悪く、ラジカセの音でも聴いてるかのような感覚になります。低音は締まりがなくただ下品に唸るだけだし、BA型の美点である切れのある中高音は抜けが悪く解像度も最低。一つ一つの音が混濁し何の楽器が鳴ってるのか分からない始末です。以前には聴こえていた細かな音は潰れてノイズにしか聴こえません。もう聴いてるのが苦痛なるケーブルです。
正直ここまで酷くなるとは思っていませんでした。いくら安い中華ケーブルとはいっても、ケーブルだけでここまで激変するとは予想外でした。よほど低品質の線材でもでも使ってるのでしょうか?

ま、今回はいい勉強になりました。損失は2千円弱とさほど悔しくもないので、ネタぐらいに思っておきます。
で、その後どうしたかですが、他のサイトで純正品を見つけて速攻購入しました。生産終了ということであきらめていたのですが、幸運にも在庫を販売しているところがあったのです。
到着後早速聴いてみたところ、やっぱり純正品は違います。IM-03の良さを余すことなく発揮してくれます。なんだか断線前のケーブルより良くなったような気さえします。もしかしたら5年の間に劣化していたのかもしれません。

近年の中華クォリティーの向上には目を見張るものがあります。しかし一部には地雷商品がまだまだあるので、購入の際にはくれぐれも気を付けましょう。
エフ
Posted byエフ

Comments 0

There are no comments yet.