FC2ブログ

F_LOG

Category木のあかり講座 スパイラル 1/1

木のあかり講座 スパイラル編(7)

ようやく最終回に辿り着きました。無駄に長かったような気がしないでもないですが、ゴールを目指してスパートです。表面の仕上げが完了したものの、これで終わりというわけにはいきません。画像は底辺を写したもので、断面がこの様な状態になっています。わざわざひっくり返して此処を見る人はいないと思いますが、これでは人に見られて自慢できるよう仕事とはいえません。そこでこの部分を見栄えの良い形にする必要があります。そ...

  •  0
  •  0

木のあかり講座 スパイラル編(6)

講座5回分を費やしてようやくここまでやってきました。通常ならこのあとは仕上げ作業となるところですが、そこはさすがのスパイラル、そうは問屋が卸しません。...

  •  0
  •  0

木のあかり講座 スパイラル編(5)

とうとう5回目になりました。これまでの講座の最高回数がスターと朧の5回なので、それに並んだことになります。この調子だとあと2回は掛かりそうなので新記録となりそうです。さて前回の続きですが、下を切り揃えたたけでは貼り合わせは出来ません。次にしなければならないのがこれまでの反対側、一番上の部分の処理です。ご承知のようにこのスパイラルは斜めの組子で出来ています。そのためそのまま貼り合わせると、画像のよう...

  •  0
  •  0

木のあかり講座 スパイラル編(4)

さていよいよ今作成における仕様変更箇所に入ります。埋め木が終わり底部の基礎も出来上がったので、このままカットしてしまいたいところですが、どっこいそうはいきません。というのも、時間経過と共に埋め木と横材との間に隙間が出来てしまうからなのです。もちろん全てというわけではなく一部の箇所での話です。おそらくは乾燥による収縮が原因と思われますが、それを完全に防ぐことは残念ながら出来ません。また、埋め木を挿入...

  •  0
  •  0

木のあかり講座 スパイラル編(3)

講座3回目にしてとうとうやってきました。そうなんです、ここからがスパイラル製作において最も難儀な工程なのです。どのくらい難儀かというと、東京ドーム4個分くらい難儀なわけでして、米粒に写経でもしているような気にさせられます。細かい作業で集中力が要求されますが、おじさんにそんなに長い時間、集中力が続くわけもありません。やれどもやれども終わりの見えてこない作業は、折り返し点を過ぎたおじさんの寿命をじわじ...

  •  0
  •  0

木のあかり講座 スパイラル編2

お盆休みが終わって昨日から仕事を再開しましたが、来週から子供の学校が始まるのを前に、宿題の工作を夜な夜な手伝わされて少々げんなり気味。 (w_-;ウゥ・・ 休み中も、炎天下の中での町内の夏祭りの準備や後片付けをやったり、奥さんと子供のお供な日々だったりと、少しはゆっくりしたいよ(泣)と、なんだか休んだ気が全然しないお盆でした。 ま、それはさておき。前回は組子の完成までをやりましたので今回はその先に待つ忍...

  •  0
  •  0

木のあかり講座 スパイラル編1

製品仕様品名  スパイラル  品番 SPI-125 高さ 125cm 幅 22cm 奥行き 22cm 消費電力 100W価格 294,000円(税込み)大型の製品で最後まで残っていたスパイラルが講座に登場です。名前の通り螺旋状に開口部が広がった八画柱です。45度に組まれた組子と大きな開口部が特徴で、細身の胴回りと高さからシャープで引き締まった印象を見る者に与えます。組子自体はシンプルな形ですが、細部の造形が...

  •  0
  •  0